ローラになる筋トレ!女性の筋トレを考える〜なぜモデルは美しい筋肉を手に入れられるのか〜

女性筋トレダイエット
  • ウォーキング
  • ランニング
  • バイク
  • ダイエット目的の筋トレ

これらのエクササイズではモデル体型になることはできません!

では、どうすればローラのような体型を手に入れることができるのか?

それは、
「痩せるために鍛える筋肉」、「ボディラインを作るために鍛える筋肉」を理解することです!

今回は、「痩せるための筋肉」、「ボディラインを作る筋肉」、「鍛えなくても良い筋肉」をそれぞれ紹介していきます。

鍛えるべき筋肉、鍛えなくて良い筋肉まとめ

結論から言うと、鍛えるべき筋肉が赤色の筋肉(内もも、バスト、肩、お腹、二の腕、背中、ヒップ、裏もも)です。鍛えなくて良い筋肉が青色の筋肉(太もも、前腕、上腕二頭筋、ふくらはぎ)です。

痩せるために鍛える筋肉

痩せるために鍛える筋肉は、鍛えることによってムキムキになることはなく、筋肉の体積が大きい「裏もも」「内もも」「お尻」「バスト」です。

裏もも(ハムストリングス)

ハムストリングスは大きい筋肉です。鍛えることにより脚の引き締めだけでなく、代謝アップの効果も期待できます。

内もも(内転筋)

内ももを鍛えることにより、脚のバランスを整えることができます。O脚を直すためには内ももを鍛えるのが効果的です。

お尻(大臀筋)

お尻の筋肉を鍛えることにより、ヒップアップ効果が期待できます。また、ヒップアップすることにより、脚が長く見えると言う効果もあります。

バスト(大胸筋)

大胸筋全体を鍛えることによりバストアップ効果が得られます。また、特に大胸筋上部を鍛えることで、デコルテラインを綺麗に見せることができます。

ボディラインを作るために鍛える筋肉

ボディラインを作るために鍛える筋肉は、体の外側にある「腹筋」「二の腕」「肩」「背中」「バスト」です。

腹筋(腹直筋+腹斜筋)

くびれが欲しいなら、腹斜筋を鍛えなければなりません。また、腹を割りたいなら腹直筋を鍛える必要があります。

二の腕(上腕三頭筋)

上腕三頭筋を鍛えることで二の腕を引き締めることができます。

肩(三角筋)

意外かもしれませんが、肩を鍛えることで小顔効果が期待できます。また、くびれ効果をより高めるためには方のトレーニングが欠かせません。

背中(広背筋)

背中を鍛えることは、くびれを作ることに最も効果です。背中を鍛えることで逆三角のフォルムを作れるほか、広背筋を鍛えることで腹斜筋も連動して鍛えることができます。また、背中のハミ肉を解消することができます。

鍛えなくても良い筋肉

鍛えることによってゴツくなる「太もも」「上腕二頭筋」「前腕」「ふくらはぎ」は鍛えなくても良い筋肉です。

太もも(大腿四頭筋)

太ももの筋肉は鍛えすぎると太くてたくましい脚になります。
スクワットはフォームによっては太ももに強い刺激が入るので注意が必要です。

上腕二頭筋

腕をほっそり見せたい女性はわざわざ鍛える必要はありません。
腕を引き締めるには「二の腕(上腕三頭筋)」を鍛えましょう。

前腕

前腕は特に鍛える必要はありません。

ふくらはぎ(カーフ)

ふくらはぎを鍛えても細くはならないので鍛える必要はありません。

まとめ

女性向けに「鍛えるべき筋肉」「鍛えなくて良い筋肉」とその筋肉を鍛えることによる効果を紹介しました。次回は、実際にどんなエクササイズをしたら良いかを紹介しようと思いますのいで、お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました